ブログ

先月末にお引き渡しした原宿の美容室のオーナーから

「今度髪の毛切らせて下さいよ」と言われていました。

有名なカリスマ美容師ですが、今更自分の髪カットしていただいても

大して変化ないと辞退しました。

 

髪の毛のない弊社のS伯やB社のK社長よりはカットの技術を活かせるとは思いますが

せっかくなのでウチの小5の娘の髪の毛やってもらいました。

普段生意気な娘は表参道も初めてなので

入店してからずっと緊張していて面白かったです。

施工中苦しめられた限られた既存回路数の中で

ダブルドライヤーをする為のコンセントを確保しましたが、その技も見れました。

作業しながら自分たちでカットする時のコツやブローの大切さとか丁寧に説明してくれます。

 

無口だった娘は終わって店を出てから相当気に入ったようで喜んでいました。

「これからスタバに行くけどパパは来ないで!」といつもの調子に戻っていました。

小学生にこういう贅沢は二度とさせないと決めました。

 

逆に自分で稼ぐようになった弊社のS伯やB社のK社長は

自ら美容室に行く権利は持ちましたが、いつの間にか行く意味は失いました。

二人掛かりのダブルドライヤー当てられても熱いだけです。