ブログ

昨日の東京地方は大雪となりました。

以前買っていたColumbiaの防水ブーツを履いて

颯爽と通勤しました。

 

ところが新宿駅南口の歩道に1歩踏み出した途端

滑って転びそうになりました。

ウワォと声も出てしまいました。

 

札幌生まれ青森育ちの自分としては情けない話です。

 

歩道にタイル貼るのは止めて欲しいです。

視覚障害者用誘導タイルもよく滑るのが判りました。

 

こういう日の夜間は路面も凍結するので

クルマの運転も要注意です。

特に橋の上やトンネルの出口は凍結しやすいので

アクセル踏み込んだり、ハンドル切るのは厳禁です。

登り坂の途中で停車すると、もう発進出来ません。

 

昔スキー場へ行く時に

雪国のドライバーは渋滞気味の登り坂でも

車間を空けながらジワジワ登って行きますが、

品川ナンバーとかのクルマが平気で車間を詰め、

途中で平気で停車してしまいます。

 

結局スリップして発進出来なくなり、

後続のクルマも大迷惑を受けます。

四駆以外は平らな場所まで戻らないといけません。

 

立ち往生したクルマを何人かで押して

「二度と坂の途中で止まるなよ」とアドバイスしながら

自分のクルマまで戻ります。

 

富良野スキー場に行く時に直線道路の100メートル以上先で

お婆さんが転倒するのが見えましたが、

停車がギリギリになった事もあります。

 

雪で道路幅が狭くなってしまった車庫入れは

アクセル吹かして一気にドリフトで入れます。

 

今はそんな雪国育ちのたくましさは

一切なくなってしまいました。